みんなで公認心理師になろう!

【資格取得のその先へ!】
一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は公認心理師と国試受験者を支えるオンライン職能団体です

JTAの新規入会 特設ページへようこそ


日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は公認心理師と受験者のためのオンライン職能団体です。遠隔心理支援のパイオニア(非営利組織)として、公認心理師100人力SNSを運営し、会員を支援しています。


多くの会員と一緒に、公認心理師に求められる知識や技術を学びませんか。国家資格取得後の資質の向上にも役立てることができます。会員同士が専門的な知識や経験を持ち寄る仕組みなので、臨時会員(受験生)の参加費は無料です。また、2020年度は新型コロナウイルス感染症対策支援として、準会員(公認心理師)の入会費・年会費も無料としています。

公認心理師や公認心理師試験の受験者は、ぜひ入会をご検討ください。現在は公認心理師のオンライン研修や受験生の支援等を行っています。ピアサポートを活用しながら、資質の向上に努めましょう。

公認心理師100人力SNS(JTA)のご紹介

多職種連携によるピアサポート

公認心理師に求められる知識や技術は、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働等、分野毎に多岐にわたります。大学等で専門知識を学び、実務経験を積んだ対人援助職でも、得手不得手があるでしょう。多様性を尊重する100人力では、お互いのリソースを持ち寄ることができます。公認心理師+αの背景を持つ様々な仲間と交流することで、資質の向上に努めることができます。

  

いつでも、どこでも資質向上

100%オンライン化された団体だからこそできること。100人力では、オンライン講座やオンライン事例検討会、遠隔スーパービジョン、遠隔コンサルテーション、参考資料の共有、実践さながらの模擬試験、国試の解答速報の作成等が実施されています。得意分野の知識や技術を提供し合いましょう。多くのお金・時間・労力を費やして試行錯誤するのとは、まったく異なる学びの場です。

 

オンラインの就業・副業支援

公認心理師の誕生によって、常勤職の増加は期待されるものの、それ以上に有資格者の数が増える見込みです。心理業務のデジタル化や多職種連携によって、心理業務の内容も大きく変化しています。心理専門職として生計を立てるためには、従来とは異なる態度やスキルが求められます。JTAは、カウンセラーJapanユビキタス・カウンセリングmHealth Japan等の運営者として、心理専門職のキャリア形成や遠隔カウンセリングの普及に努めてきました。また、公認心理師現任者講習会(文部科学大臣・厚生労働大臣指定)ストレスチェック実施者養成研修(法定研修)の実施事業者でもあります。JTAとともに、公認心理師の新しい職域を切り開いていきましょう。 

 

JTA入会者の声
現任者講習会でおもてなしの心が随所に見られるので、大変好感を持ちました。
公認心理師・臨床心理士・教諭
これまでの職域と異なる心理職の知人ができピアサポートができるのが魅力です。
公認心理師・シニア産業カウンセラー
JTAのお陰で、第1回公認心理師試験にGコースで一発合格出来ました。特にズームでの勉強会は刺激を貰えてモチベーションを保つことが出来ました。
公認心理師・精神保健福祉士
地方に住んでいるため、オンラインでの全国の立場の違う方達の事例検討やスーパーバイザーが、とても有難いです。
公認心理師・社会福祉士・精神保健福祉士
会員の意見が発信されやすく、タイムリーに支援が得られます。また、既存の大きな団体では発揮しにくい、各自の主体性を伸ばせる場だと感じています。
公認心理師・臨床心理士
現任者講習会受講生として初めてJTAとの接点を持ちましたが、制約のある中での環境づくりへの配慮、講師の質の高さが素晴らしいと思いました。公認心理師100人力、オンラインでのサポートの仕組みなど、充実していると感じています。
公認心理師・作業療法士・保育士
いつもお世話になっております。第一回公認心理師試験の前から関わらせていただいております。試験勉強はもちろんのこと、困りがあるときに相談できたり、さまざまな情報を得ることができる100人力及びJTAの場は、私にとって、励みになっています。
公認心理師・臨床発達心理士
国試受験広場の皆さんの投稿をみて、勉強に励んでいます。仲間が出来てうれしいです。
公認心理師試験受験者・産業カウンセラー
受験生として励みになります。今後についても参考になります。
公認心理師試験受験者・看護師
心理職の方の活動内容を垣間見ることができ、とても興味深いです。第3回試験受験予定です。
公認心理師試験受験者・保健師

100人力では多様性を重視しているため、会員の皆様も実に多士済々です。保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働分野の専門家が大勢いらっしゃいます。ピアサポートによるオンラインの模擬試験や研修会、事例検討会、勉強会等、企画も盛りだくさん。ご自分のペースで空き時間を生かして学びを深めることができます。向学心あふれる皆さまのご入会をお待ちしています!

JTA事務局 会員サポート
地方に住んでいるため、オンラインでの全国の立場の違う方達の事例検討やスーパーバイザーが、とても有難いです。
公認心理師・社会福祉士・精神保健福祉士
よくある質問
Q
公認心理師国家試験の受験資格があるのかどうかがわかりません。100人力に応募(JTAに入会)できますか?
A

現在は、公認心理師または公認心理師試験の受験者のいずれかに該当する方のみを募集しています。秘密保持義務の有無によって、それぞれ利用できるサービスが異なります。公認心理師受験資格については、日本心理研修センター様の受験の手引をご覧ください。公認心理師受験資格チェッカーで簡単に確認することもできます。

Q
具体的に何をすれば良いのでしょうか?
A

入会後は、会員限定のセキュアなSNS(100人力SNS)で、国家試験の情報交換や各種リソース(出題基準に基づく学習班やオンライン事例検討会、解答・解説速報等)をご活用下さい。また、100人力SNSでの情報提供や他の会員へのリアクションをお願いいたします。ご経験のある方には、オンライン講義や心理専門職の職場紹介、事例提供等をご依頼することもあります。会員の皆様は、オンラインで交流を深めながら、公認心理師に求められる知識や技術の修得を図ることができます。

Q
遠隔カウンセリングとは何ですか?
A

遠隔カウンセリングとは、インターネット(メールやチャット、ビデオ通話等)を介した心理的援助の総称です。精神的不調に悩む人は大勢いますが、専門機関を訪れる人はごく一部です。遠隔カウンセリングには、援助要請行動の促進やコスト削減、在宅ワークの実現等のメリットがあります。コロナウィルス感染症の影響により、遠隔カウンセリングは全世界的に普及しましたが、JTAには10年の実績があります。通常の心理業務はもちろん、遠隔カウンセリングも保障対象となる、国内初の保険「JTA公認心理師賠償責任保険」も提供しています。

Q
公認心理師100人力(会員制SNS)の参加者はどのような方ですか?
A
公認心理師または公認心理師の受験者の集団です。臨床心理士や精神保健福祉士、社会福祉士、看護師、医師、大学教員等、多様な背景の方が実名で登録しています。インターネットの匿名集団とは異なり、公認心理師を中心とした職能団体なので、実名で登録できない方は参加することができません。ICTスキルが求められるので、若手から中堅の対人援助職が多い状況です。毎月、大勢の方にご加入いただいています。子育て中の方や海外在住の方も歓迎いたします。
Q
公認心理師100人力(会員制SNS)では、受験テクニックも学べるのでしょうか?
A
受験者を対象とした試験対策勉強会(国試受験の広場)も備えていますが、公認心理師の濫造システムではありません。経過措置の間の公認心理師試験は、現任者が主な受験者となります。現場の人間は、日々の業務に追われて、自己研鑽がはかどりません。記憶の不確かな部分や経験の浅い分野を相補うことで、メンバーの学習行動を効率化するのがねらいです。知識や技術のさらなる向上を目指して、専門研修やキャリア支援も行っています。
Q
入会審査の選考ポイントは何でしょうか?
A

原則として、募集要項に合致する方は、先着順で公認心理師100人力(会員制SNS)にご案内します。臨床心理士のみを受け入れることや、臨床心理士以外の方を除外することもありません。応募条件に合致し、利用規約をお守りいただける方であれば、ご応募いただくことができます。ただし、個人情報を偽ったり、ITリタラシィーが不十分であったりする場合等には、入会をお断りすることがあります。

Q
登録メールが来ないのですが(登録できないのですが)どうしたらいいでしょうか?
A

公認心理師100人力は、クローズドの実名登録のSNSです。対人援助職が専門知識を持ち寄り、臨床経験や国家試験について語り合う場です。セキュリティ確保のために、募集要件に合致されない方(例:入力情報が不正確な方、情報処理端末の扱いに不慣れな方等)のご参加はお断りします。ご本人確認も定期的に実施いたしますので、ご応募の際にはご注意願います。

Q
登録していたのですが、100人力SNSに入れなくなってしまいました。再登録してもらえますか?
A
JTA(会員制SNS等)のアカウントはお一人一つのみとさせて頂きます。PCやスマホを買い換えた方も、「招待メール」経由でアクセスできます。登録済みの方で、アクセスできなくなってしまった方は、初回のご案内メールと招待メールをご確認ください。ご不明な点につきましては、JTA会員サポートまでメールにてご相談下さい。
Q
JTA公認心理師賠償責任保険に加入したいのですが、どうすればよいのでしょうか?
A

一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は、国内初となる公認心理師向けの賠償責任保険制度を創設し、JTAの準会員(公認心理師)及び正会員(公認心理師)向けに賠償責任保険を提供しています。対面式はもちろんのこと、遠隔カウンセリングも対象となります。損害賠償保険なしで、心理業務(非常勤や業務委託、自営業等)に従事することは、無保険で自動車を乗り回すのと同じような状態かもしれません。公認心理師を対象とした保険を希望される方は、準会員(公認心理師)の区分でご応募ください。

Q
公認心理師国家試験の受験資格があるのかどうかがわかりません。100人力に応募(JTAに入会)できますか?
A

現在は、公認心理師または公認心理師試験の受験者のいずれかに該当する方を募集しています。秘密保持義務の有無によって、それぞれ利用できるサービスが異なります。公認心理師受験資格については、指定試験機関(日本心理研修センター様)の受験の手引をご覧ください。公認心理師受験資格チェッカーで簡単に確認することもできます。

Q
公認心理師国家試験の受験資格があるのかどうかがわかりません。100人力に応募(JTAに入会)できますか?
A

現在は、公認心理師または公認心理師試験の受験者のいずれかに該当する方のみを募集しています。秘密保持義務の有無によって、それぞれ利用できるサービスが異なります。公認心理師受験資格については、日本心理研修センター様の受験の手引をご覧ください。公認心理師受験資格チェッカーで簡単に確認することもできます。

JTAへの新規入会お申し込みは
こちらから